狭心症・心筋梗塞はなぜ起こる?効果的な対策もチェック

狭心症・心筋梗塞はなぜ起こる?効果的な対策もチェック

心筋梗塞や狭心症などの心疾患による患者数は世界的に増加傾向にあるとされており、日本国内でもおよそ170万人が医療機関で継続して治療を受けているという統計があります。

心疾患は自覚症状が出た時点では既に重篤な状態になっているということが少なくありません。

ですから、定期的に健康診断を受けることに加えて、毎日の生活において予防策を講じることは非常に大切です。

では、狭心症や心筋梗塞などの心疾患はどのようなことが原因となって起こるのでしょうか。

また、具体的な予防法についても考察していきましょう。

 

 

心疾患の主な原因

心疾患の主な原因として挙げられるのは「高血圧」と「高血糖」の2つです。

高血圧になると、血管へ常に強い負荷がかかっている状態となるため、血管の柔軟性が徐々に失われていきます。

 

硬化してしまった血管には「粥(じゅく)」と呼ばれるコレステロールの塊ができやすくなり、それが肥大化して血流を阻害してしまうのです。

血管が狭くなって血流量が不安定になると、体内における酸素の循環が滞ってしまうため、体全体の免疫が低下します。

 

また、心臓に強い痛みを発生させることも珍しくありません。

これが狭心症と呼ばれる状態です。

 

狭心症の状態が悪化して血栓ができ、血管が完全に詰まってしまうと心筋梗塞の発作が起こります。

この発作により命を落とす人は少なくありません。

 

高血糖の人は、血液中に糖質および悪玉コレステロール(LDL)が非常に多くなっているため、粥ができやすい、つまり血管が詰まるリスクが非常に高い状態となります。

また、この粥に雑菌が繁殖しやすくなるため、血管がダメージを負って硬化しやすくなり、さらに心疾患を誘発するリスクが高まるということも銘記しておきましょう。

ですから、健康診断において血糖値とLDL値をよくチェックしておくのは非常に肝要です。

 

狭心症や心筋梗塞による発作のリスクが極めて高いというケースでは、外科的手術による対処が行われることもあります。

一般的な手法としては、血管へ直接カテーテルを挿入して、粥による閉塞箇所を医療用バルーンなどで広げるというものです。

これにより、血液の流れを改善して血栓ができるリスクを抑えることができます。

とはいえ、手術を受けたからもう大丈夫というわけではありません。

 

高血圧の改善には生活習慣の見直しが大切

生活スタイルを改善して、狭心症や心筋梗塞が起こりにくい環境を整える必要があるのです。

具体的なポイントとしては「食事」と「喫煙」の2点があげられるでしょう。

 

糖質や脂質の多い食事を続けていると、血液の流れが悪くなり心疾患になるリスクは高くなります。

ですから、カロリーの高い揚げ物は極力控えるのが賢明です。塩分の摂取量にも注意しましょう。

 

塩分を取りすぎると、血液中の水分量が増加してしまうため、結果として血圧が高くなってしまいます。

ですから、調味料などを選ぶときは「減塩」と記載されているものを選ぶとよいでしょう。

 

また、糖質は変換効率の良いエネルギー源であるとはいえ、大量に摂取するとやはり血流を阻害する要因となります。

ですから、糖質は控えめにして、その分大豆や鶏肉などの良質なたんぱく質を摂取するようにしましょう。

さらに、食物繊維やビタミン含有量の多い野菜をしっかりと摂取することも大切です。

 

お酒の飲み過ぎや喫煙習慣には注意

お酒には血管の拡張作用があるのため、少量の摂取であればそれほど問題はありません。

ただし、過度の飲酒は内臓に負担をかけるだけでなく、心筋梗塞の発作が起こるリスクも高めてしまいます。

ですから、適度な量の摂取を心がけましょう。

 

また、市販されているお酒のおつまみは塩分を多量に含むものやカロリーが非常に高いものが多いという点を覚えておくのも賢明です。

一方、喫煙に関しては、心疾患のリスクを高めるものとして認知されています。

喫煙により血管の収縮が起こるため、血圧が著しく上昇するほか、血中の酸素運搬が滞るため、免疫機構が弱くなってしまうのです。

 

加えて、煙草に含まれる化学物質が血管の内部に炎症を起こすということも分かってきています。

この炎症は動脈硬化の原因となるものですから、心疾患のリスクを少しでも下げたいという人は喫煙の習慣を見直すべきでしょう。

 

「高血圧と診断されて以来なかなか症状が改善しない」「運動は苦手で継続できない」という悩みを持つ人は、専門の医薬品によるサポートを活用してみましょう。

発作が起きてしまった場合のお薬としてよく知られているのは「ニトログリセリン」でしょう。

 

高血圧の対処として活用される医薬品「インデラル」について

一方、心疾患を予防するための高血圧患者向け医薬品として国内外で高い人気を誇っているのは「インデラル」です。

「プロプラノロール」という名前でも知られるこのお薬は、血圧をコントロールする神経系へ働き掛けて、血流量や心拍を落ち着かせることで血圧を下げる働きがあります。

血流を整えることで不整脈やめまい、片頭痛などの症状が改善するケースも少なくありません。

 

インデラルは通販サイトからも購入することが可能です。

通販サイト「コンディション21」は、申込から決済・発送までは大変スピーディーなのでおすすめです。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針