人前、集団、こわくない!あがり症を克服するための秘訣とは

人前、集団、こわくない!あがり症を克服するための秘訣とは

人前に出た時に感じる極度の緊張、どうにかしたいですよね。

みなさんがよく耳にしている「あがり症」という言葉ですが、実はこれ、正式な病名ではないんです。

 

正しくは「社会(社交)不安障害」という病気として分類されています。

病名を見ると不安を感じてしまいそうですが、きちんとした病名があるということは、「治療可能」だということです。

あがり症と呼ばれる症状についての正しい知識を身に着け、改善への糸口を見つけていただければと思います。

 

あがり症の症状は?

まず、一般的に「あがり症」にはどのような症状があると言われているのでしょうか。

人前や大勢の中で話そうとすると手足の震えが止まらなくなる、吐き気を催す、顔が真っ赤になり汗が止まらなくなる。

 

発表や面接、プレゼンに向けて入念な準備をしたにもかかわらず、本番では頭が真っ白になる、などです。

このような症状がある人は、同時に「人からどう見られているだろう?」、「また失敗したらどしよう」と、ネガティブな考えに支配されてしまい、そのような精神状態もまた、改善に向けた一歩を踏み出せない原因の一つとなっています。

 

身近な人に相談しても「恥ずかしがりや」、「引っ込み思案」といった性格の一つとして捉えられてしまい、なかなか本人の深刻度が伝わらない場合が多い一方、学校の先生や同級生、職場の上司や同僚からからかいの対象になるなど、生活に支障が出る場合も多く、人知れず生きにくさを感じながら毎日を過ごしている人も少なくありません。

 

なかなか理解されにくいあがり症ですが、克服に向けた治療や取り組みは多く、自分に合ったプログラムを遂行することで以前よりも劇的に症状が軽くなった、あるいは完全に克服した、という人もたくさん報告されています。

 

あがり症の克服は「成功体験の積み重ね」

多くの方が口を揃えるのは、「あがり症を克服するためには、小さなことから徐々に成功体験を積み上げていくことが重要」ということです。

 

自分から話しかける練習をする

例えば「自分から挨拶をする」、「自分から会話を始めてみる」という行動です。

大勢の前で話すことに対して極度の恐怖を感じる人は、1対1の対話ですら逃げ腰になってしまっている場合があります。

 

まずは1対1の会話から、慣れていくことが大切です。

ちなみに、「駅や交番で、乗り換え方法や道順を尋ねてみる」も効果的です。

 

この方法は必ず答えが返ってくる上に短い対話で済みますから、小さな成功体験を得るには最適です。

 

あえて一番前に座る

そして、次のステップは何でもいいので一番前の席に座ることです。

セミナーでも授業でも講演でも街中の大道芸でも構いません。

 

あがり症の人でなくても、「質問されたら嫌だな」、「当てられたら嫌だな」と考え、後ろや隅に座ろうとするものです。

そこをあえて一番前に座ってみるのです。

 

たとえオーディエンス側だとしても、大勢の中で一番前に座るのは緊張するものです。

しかし、人前に出ることの空気感を体感する良い機会となるはずです。

 

電車やバスで席を譲ってみる

次に紹介するステップは、「電車やバスで席を譲る」。

これはあがり症の人でなくても躊躇してしまった経験のある人は多いはずです。

 

なぜ人は、電車やバスで席を譲ることをためらってしまうのでしょうか。

それは、「断られたら恥ずかしい」、「周りから変な目で見られたらどうしよう」というように、他人の目が気になってしまうからです。

 

このようなネガティブな考え方は、あがり症の思考パターンとリンクします。

だからこそ、この壁を乗り越えることは、あがり症の改善に大きく役立つと言えるでしょう。

 

成功のカギは、「成功したら(席を譲ることに快諾してもらえたら)笑顔で会釈をしてドア横に移動する。

失敗したら(断られたら)会釈をして元の席に戻ってスマホを見るか、反対側のドア横に立つ」というように成功した場合、失敗した場合の両方のケースのシナリオを用意することです。

 

あがり症の人にとってこれはかなり難易度の高い挑戦となりますが、「たとえ失敗した場合でも対処することができた」という「失敗の成功体験」を得ることができるので、非常に価値のある経験となります。

 

あがり症の症状が重い方はインデラルの活用を

このようにあがり症を克服するためのトレーニング方法はたくさんあり、それらの方法を試すことによって少しずつ自信がつき、克服に至ったという人も多いでしょう。

しかし、なかには人前に立つことや発言することを考えただけで、手足が激しく震えたり、大量の汗をかき、めまいがしてきてしまうような、重い症状に悩んでいる人もいます。

 

そのような人にはβ遮断薬のインデラルをはじめとした投薬治療も、あがり症の一般的な治療法となっています。

インデラルは心臓の心筋に分布しているβ受容体の働きをコントロールすることで、心拍出量の増加を抑え、心拍や血圧を下げる効果があり、昔から高血圧や狭心症、頻脈性不整脈などの症状に活用されているお薬です。

 

過剰な心拍を抑えてくれることから、あがり症の改善にもよく使われるお薬です。

インデラルは一般の方でも通販サイト、コンディション21で購入することができるので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針