生まれつきの性格の違い?あがりやすい人とあがりにくい人の特徴

生まれつきの性格の違い?あがりやすい人とあがりにくい人の特徴

人前で話す機会などで極度に緊張する人、あるいはその状態を一般的に「あがり症」と呼びます。では、なぜ人前であがってしまうのでしょうか。一方、あがりにくい人にはどのような特徴があるのでしょうか。極度の緊張から来る身体的症状を抑える方法と合わせてご紹介します。

 

上がりやすい人の特徴

ひとの目を気にするからこそ緊張が起こる

自意識過剰な人ほど人前であがってしまう傾向は強いと言えるでしょう。自意識過剰とは、他人から自分がどう見られているか過剰に気にしてしまうことです。社会生活を送るうえで他人にどう見られるかを気にする視点は大切ではあるものの、それが過剰になってしまうのは望ましくありません。自意識過剰になると、客観的視点を失い、自分にばかり意識が集中してしまいます。自分が周囲にどのような印象を与えるかばかりを気にして落ち着くことができず、疲れやすくなったりストレスが溜まったりすることがあるのです。

 

エゴが強い方もあがりやすい傾向があります

エゴが非常に強い人もあがりやすい傾向にあると言えるでしょう。誰でも多かれ少なかれエゴはあるものです。とはいえ、それが過度なエゴイズムになってしまうと問題です。自分をいかに良く見せるかばかりに意識が向いてしまい、他者への配慮が疎かになってしまいます。人前で緊張するだけならともかく、過度なエゴイズムで他者に不快感を与えてしまうこともあるのです。自意識過剰であれエゴイズムであれ、自分にばかり意識が向いていることに問題があるわけですから、その意識を他者もしくは周囲へと、広く向けることがあがり症克服にとって重要になるでしょう。

 

失敗したくないという気持ちが焦りや緊張を生む

失敗を恐れる気持ちが強すぎる、というのもあがり症となる原因です。誰にも失敗やミスを恐れる気持ちがあります。それは普通の感覚といえますとはいえ、ミスへの恐れが過度になると病的な症状を来してしまうのです。必要以上に心配するあまり、過度な緊張とストレスを生み出してしまいます。

 

社会人であれば、プレゼンやスピーチなど、業務の一環として人前で発表する機会もあるでしょう。仕事への責任感が強い人はあがりやすくなるという傾向も観察されています。仕事に責任を持つこと自体は大切です。とはいえ、「何が何でも成功しなければならない」「失敗は絶対に許されない」と自分に過度なプレッシャーをかけてしまうのは望ましくありません。それが必要以上の緊張を生み出してしまい、小さな失敗に対しても極度に恐れるようになってしまいます。その結果、「もし失敗してしまったら…」と不安や恐怖が強くなり、それが体の震えや動悸、発汗など、あがり症の諸症状を引き起こすこともあるのです。

 

心配性や完璧主義の人もあがり症になる可能性があります

心配性や完璧主義の人もあがり症になりやすいと言えるでしょう。うまくいくかどうかわからないことを心配するのはふつうの感情です。とはいえ、病的なまでに心配するのは過度な緊張を生むだけです。完璧を目指して努力すること自体は悪くありません。ただし、それが行きすぎるとやはり過度な緊張を生むだけになってしまうでしょう。

 

あがりにくい人の特徴

細かいことを気にしないタイプ

では、人前でもあまり緊張しない、あがり症になりにくい人の特徴とはどのようなものでしょうか。1つ目は、大雑把で細かいことを気にしないというタイプの人です。こういう人は時に粗雑あるいは粗野に見えることもあるものの、人前に立っても恐れずに堂々と振る舞えるだけの度胸があります。小さなミスを恐れるあまり過度な緊張を感じるタイプではありません。

 

外交的な性格

人見知りせず外交的で誰とでも気軽に話せる人も、あがり症にはなりにくいタイプです。これまでたくさんのさまざまな人たちと接してきた経験を持つ人は、良好な対人関係を築くことに関して自信を持っています。ですから、プレゼンなどに緊張を感じることはあっても、外交的な性格を生かしてアドリブで乗り越えるのが得意なのです。

 

ポジティブな性格

何事もポジティブに捉えることのできる積極的なメンタリティーの人もあがり症になりにくいでしょう。多少のミスや失敗があっても、それを「自身が成長するための糧」と前向きに捉えることができるため、「失敗したらどうしよう…」と過度に緊張することもありません。ストレスに強いため、多少は緊張したとしても体が震えてしまったり動かなくなったりということは少ないでしょう。

 

あがり症になりやすい人となりにくい人の違いを比較すると、「生まれ持っての性格が違うのだから、大人になってからではどうしようもない」とあきらめてしまう人もいるでしょう。とはいえ、生来の性格とはかかわりなく、意識改革と訓練次第で人前でも堂々と振る舞うことは可能なのです。

 

あがり症の症状が重い方は予防薬インデラルの活用を

震え、動悸、発汗などあがりによる身体症状に悩まされているのなら、インデラルという薬がよい助けとなるでしょう。これは本来、高血圧や不整脈などの治療薬として用いられているものの、あがり症の諸症状を抑えることも可能です。インデラルは「コンディション21」という通販サイトを利用すれば誰でも簡単に手に入れられます。リピーターの多い安全なサイトですので、関心のある方は試してみてはいかがでしょうか。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針