「手の震え」は治療可能です!手の震えを止めるインデラル通販ならコンディション21

「手の震え」は治療可能です!手の震えを止めるインデラル通販ならコンディション21

あがり症の人の悩みで特に多いのが手の震えではないでしょうか。

 

人前で話す時にマイクを持つ手が震えたり、字を書く時にペンを持つ手が震えたり、また、お客さんにお茶を出す時にお茶を持つ手が震えたりと、さまざまな場面で当人を困らせるのがこの症状です。

 

声の震えもあがり症の人に多い悩みですが、声の震えは声を出さなければ相手に気づかれないのに対して、手の震えは周りの人がすぐにそれと気づくのがさらに困ったところです。

それゆえ、克服が難しい症状と言えるでしょう。

 

失敗体験によりあがり症が強化される悪循環が起こる

緊張すると手が震える人は、周りの人にそのことを指摘されるのを極度に恐れます。

 

人に自分があがり症だと思われてしまうことをひどく恥ずかしく感じるからです。

 

実際、緊張して手が震えている人を見たところで他人はどうとも思わないものですが、当人にとっては死ぬほど恥ずかしいわけです。

 

その結果、自分の手の震えを必要以上に恥ずかしく思い、やがて深い自己嫌悪に陥ってしまいます。

 

そうなると、また同じように緊張する場面が来るのを怖く感じてしまうという具合です。

 

 

あがり症の人は社会から距離を置いてしまう事も

手が震えると近くにいる人はどうしても気づいてしまいますから、自己否定の傾向が強い人ほど恥ずかしいという感情がますます強くなります。

 

こういうことを何回か経験すると、「もうあんな思いはしたくない」となって、緊張する場面自体を避けようとすることにもなるでしょう。

 

といっても、人前で緊張してしまうのであれば、それを避けるには人との交流をなるべく避ける以外にありません。

 

その結果、自分の殻にこもってしまい、社会とのつながりさえ薄れていってしまうということもあり得ます。

緊張で手が震えるというだけでそんなことになってはもったいないことです。

 

手の震えは治療可能な症状です

厄介な手の震えですが、治すことは可能です。

 

緊張すると手が震えるのは、以下に説明する体の仕組みが一つの原因でしょう。

 

自律神経の一つである交感神経が緊張した時には優位に立つので、そのせいで心臓や呼吸が早くなり、筋肉も緊張して固くなって、体の内面で細かく震えを生じさせます。それが手の震えとなって表れるわけです。

 

交感神経が優位に立つと筋肉が緊張するのは体の当然の反応であり、何もおかしいことではありません。

 

また、人前で緊張するのは当然の反応で、むしろ緊張しないという人の方が珍しいぐらいですから、あがり症であることを恥ずかしがる必要もないのです。

 

ですので、手が震えるぐらい本当に気にする必要はないのです。

「震えるのが当然」とぐらいに考えて、震えても気にしないというのがいちばんの対処法でしょう。

 

 

手の震えは緊張時の人間の自然な反応です

逆に、手の震えを意識してなんとか止めようと力むほど、ますますひどくなります。

 

先ほども述べたように、筋肉の緊張によって体の内面が震えるのは自然な反応ですから、それを意識的にコントロールしようというのは難しい相談です。

 

無理やりコントロールしようとしても、余計に震えがひどくなってしまうだけでしょう。

 

筋肉の反応を意識して止めることはできないわけですから、たとえ手が震えても「それは自然な反応でどうってことない」と意識することを心がけてください。

 

 

リラックスするための姿勢

力んでも手の震えを止めることはできませんが、逆に、力むのを止めれば筋肉もリラックスして手の震えもなくなっていきます。

 

では、どうすれば体の力みを取ることができるでしょうか。

 

体の力を抜けと言われると猫背の姿勢を取る人がいますが、これは一見力が抜けているようで、実は体に余計な負荷がかかっています。

 

立った状態の場合、本当に全身の力を抜くと倒れてしまうので、どこかで体を支えなければならないわけです。

 

猫背だと肩に余計な力が入るため、肩こりの原因になってしまいます。

 

そうではなく、お腹から、具体的には「臍下丹田」と言われるへその下約10センチ辺りから、全身を支えるつもりで意識してください。

 

丹田に重心を置くと、後頭部から背中、おしりまで一直線になり、上半身のリラックスした美しい姿勢になります。これが手の震えを止めるための基本の姿勢です。

 

 

リラックスするための呼吸法

その状態で今度は深い呼吸を意識しましょう。

 

緊張すると呼吸が浅くなり、それに伴って心臓の鼓動も速くなるわけです。

 

そうすると上半身に余計な力が入るため、丹田を意識した上半身のリラックスした姿勢の逆になってしまいます。

 

リラックスするには丹田からの深い腹式呼吸を意識しましょう。

 

 

手の震えを抑える薬「インデラル」という選択肢

「手の震えは緊張した時の自然な反応であること」、「無理に止めようとしないこと」、「手を震えなくするには丹田で体を支え、余計な力を抜くことが大切であること」などをお伝えしました。

 

しかし、それでも手の震えを人に指摘されるのが怖くて、緊張しそうな場面を避けてしまうという方もいるでしょう。

 

そういう方はインデラルを試してみてください。

 

交感神経を抑制する働きがある薬なので、緊張による手の震えには特に有効です。

 

一度震えないという体験を積めば、それが成功体験となって次のステップに進めるようになります。

 

その一助としてインデラルを有効活用しましょう。

なお、インデラル通販のことなら、通販サイト「コンディション21」をご利用ください。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針