人前に立った時に緊張を感じる人とそうでない人の準備段階での決定的な違いとは?

人前に立った時に緊張を感じる人とそうでない人の準備段階での決定的な違いとは?

プレゼンやスピーチなど人前で話すことに強い緊張を感じる人もいれば、全然緊張していないように見える人もいます。

ところが、緊張していないように見える人でも、実際は緊張しているもののそれを表に見せないだけということもけっこう多いです。

時にはまったく緊張しないという変わった人もいますが、ほとんどの人が人前では緊張を感じています。

それにもかかわらず上手に話せる人と、緊張のあまりしどろもどろになってしまう人では何が違うのでしょうか。

 

上手に話せる人ほど、周到に準備をしている!

プレゼンやスピーチが得意な人がやっている準備について詳しくお伝えします。

プレゼンやスピーチがとても上手に見える人でも、何の準備もなしにいきなりステージに上がってスラスラ話せるような人は滅多にいません。

上手な人ほど周到に用意していると考えてよいでしょう。

 

こう言うと、人前で緊張しすぎて上手にできない人のなかには「自分だって準備ぐらいしている」と反論する人もいます。

ただ、それでも緊張するということは、準備が十分でないということが考えられます。

人前に立った時に緊張するのは、自分に自信を持てずに不安を感じているからではないでしょうか。

 

自分でも不安なのに上手にやらなければならないという思いが緊張となって表れます。

ということは、不安を完全になくすほど徹底的に準備をして本番に臨めば、緊張する余地もないということになるはずです。

 

たとえば、人前での発表を例に挙げると、発表の後に参加者からの質問に答える質疑応答の時間があるとします。

 

それが苦手で緊張するという人は、「何を尋ねられるんだろう?」という不安が緊張を駆り立てるわけですから、どんな質問にも答えられるようにあらゆる質問を想定しておけばよいのです。

 

質問を想定し、その回答を前もって準備しておけば、余計な緊張はしなくなります。

 

等身大の自分で挑むほうが緊張しない

人前で緊張する人ほど人に良く思われたいという傾向があります。

誰しも承認欲求はあるので、人に良く思われたいと思う感情は自然ですが、本当の自分以上に良く思われたいという思いがあるからこそ強い

緊張を感じるのでしょう。

 

人に良く思われたいけれど、等身大の自分を振り返ると自分はまだまだその想定する「良い自分」のレベルに達していないことがわかるため、「本当の自分がたいした人間でないことがバレたらどうしよう」と不安に感じて、それが強い緊張を生み出すという仕組みです。

 

緊張しないための練習・準備

こういうふうに人前に立つことに必要以上に緊張を感じる方におすすめなのが、準備段階で自分自身の姿を録画して自分で見返す方法です。スピーチやプレゼンの準備ならば、資料や原稿の準備だけでなく、本番通りに話す自分の姿を録画して自分で確認してみましょう。

 

自分だって準備ぐらいしている」と言う方の多くは、「だって恥ずかしいし…」などと言い訳してここまでの準備はしていないのではないでしょうか。

確かに自分の拙い姿を見返すのは恥ずかしいものです。

 

しかし、人前に立って何かをやるということは、その恥ずかしい姿を人様に見せるという行為ですから、どの程度恥ずかしい姿なのか自分の目で確認しておく必要があります。

 

 

客観的に自分の発表の様子を見てみよう

今はスマホで簡単に録画できるわけですから、これぐらいできないのは準備不足と言われても仕方ありません。

実際に録画してみると、自分で思っているほどまずくないと思うこともあれば、「やっぱり下手だな」と思うこともあるでしょう。

 

ここで大切なのは、その発表の出来ではありません。自分で自分の姿を客観的に見ることこそが大切なのです。

これまで人前に立つことに必要以上に緊張を感じてきた人は、録画したことがないなら、自分がどのような姿で人前に立っているか客観的に考えたことはないでしょう。

 

自分が他人からどのように見えているかがわかっていないため、必要以上に緊張してしまうのです。

一度自分の姿を録画してみて、自分の気になるポイントを客観的にチェックしてみてください。

 

自分では滑舌が悪いことを気にしていたとしても、実際はそれほどでもない場合があります。

逆に、話している最中によく頭を掻くなど、自分では気づかなかった自分の癖が見えてくることもあるでしょう。

 

確かなのは、それが他人が見ている自分の姿ではあるものの、自分以上に自分のことを気にしている他人はいないということです。

少々のことなら他人は気にしないものなので、余計なことに気を回して緊張する必要などないということに気づいてください。

 

※なお、プレゼンや発表の具体的なコツについては、「緊張しないプレゼン・発表のコツ」の記事で詳しく解説しています。

こちらも参考にしてください。

 

緊張の症状をを抑える薬「インデラル」

とはいえ、発汗、手足や声の震え、赤面など、緊張が強いあまり身体的な症状も強く表れて困るという人もいるはずです。

そういう人も上記の方法で準備して場馴れしていけば、徐々に症状が改善されると思われますが、早急に困っている状況をなんとかしたいということもあるでしょう。

そんな方には、「インデラル」という薬で症状を抑える方法もあります。

通常、購入するのが難しい薬ですが、インデラル通販サイト「コンディション21」を使えば誰でも簡単に購入可能です。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針