辛い片頭痛はなぜ起きるの?起きてしまったときの対処法もチェック

辛い片頭痛はなぜ起きるの?起きてしまったときの対処法もチェック

慢性的な片頭痛を抱えて悩んでいる人は少なくありません。

片頭痛の主な症状としては、頭の片側がずきずきと痛むことや、吐き気を催すほどの不快感を生じさせることなどが挙げられます。

そのため、片頭痛が起きてしまうと、大抵の人は普通の動作が難しくなり、通常の生活が送れなくなってしまうほどです。

 

では、片頭痛が起きてしまう原因とはどのようなものなのでしょうか。

また、片頭痛が起きてしまったときの効果的な対処法についても確認していきましょう。

 

偏頭痛の原因は?

片頭痛の原因は「信号異常による脳内血管の拡張」です。

脳内にある三叉神経から特定の信号が送られると、脳内の血管で炎症を引き起こす物質が産生されます。

この炎症により、脳の血管が大きく拡張するため、脳が圧迫されて酷い痛みを引き起こしてしまうのです。

 

三叉神経が異常な信号を出してしまう原因としては、気圧の変化が挙げられます。

実際、雨の多い時期や短時間で突如天候が崩れた日などに片頭痛の症状が起きやすいと感じている人は少なくありません。

また、職場や学校などで強いストレスを感じることも三叉神経に影響すると考えられています。

 

加えて、ホルモンバランスの乱れも原因とされています。

特に、片頭痛の悩みを持つ女性の大半は、特に月経の時期になると症状がひどくなると感じています。

 

偏頭痛の対処法

頭を冷やす

片頭痛が起きてしまった場合の主な対処法としては「頭を冷やすこと」が挙げられます。

先述の通り、片頭痛が起きているときは血管が大きく拡張しているので、アイスノンや氷まくらなどを首や後頭部に当てて冷やしてあげましょう。

 

そうすることで、血管は徐々に収縮して、強い痛みも和らいでいきます。

対照的に、痛い部分をもみほぐしたり、湯たんぽなどで温めたりするのは避けましょう。

患部を温めてしまうと、さらに血管が拡張して、痛みがひどくなってしまう可能性があります。

 

休息が大切

2つ目の対処法は「休むこと」です。

片頭痛が起きているときは体全体の神経が過敏になっているので、音や光など外部からの刺激を極力カットしてあげることがポイントとなります。

ですから、照明を付けずに風通しの良い部屋で休むことが効果的です。

職場で片頭痛が起きてしまった場合には、休憩室などより静かな場所を選んで少し横になるとよいでしょう。

 

紅茶やコーヒーを飲む

3つ目のポイントは「紅茶やコーヒーを飲むこと」です。

これらカフェインを含む飲み物を摂取すると、血管が徐々に収縮するので、片頭痛が和らぎやすいという特徴があります。

 

少量摂取するだけでもかなりの効果が期待できるので、片頭痛が頻繁に起きてしまうという人はいつも水筒などに入れて持ち歩いておくとよいでしょう。

とはいえ、片頭痛には吐き気が伴うことが多いので、何も口に入れたくないと感じる人もいます。

 

嘔吐の恐れがあるときには無理にカフェインを摂取する必要はありません。

少し休んで吐き気が落ち着くまで待ってから少量ずつ摂取してみましょう。

 

片頭痛予防のために生活習慣を整えよう

片頭痛の悩みを抱えている人は、可能であれば症状が起きる前に予防したいと考えています。

最も実際的な予防法は「規則正しい生活を送ること」でしょう。

 

先述の通り、強いストレスや騒音にさらされたり、負担の多い仕事を長時間継続して行ったりしていると、片頭痛が起こりやすいとされています。

ですから、仕事を持っている人は、一定時間ごとに体を伸ばしたり屈伸したり、リラックス効果のあるハーブティーを飲んだりして、気分転換の時間を確保することが非常に大切です。

 

アルコールを大量に摂取することも片頭痛を引き起こす要因として考えられています。

ですから、暴飲暴食を避け、栄養価に配慮した食事を規則正しく摂取することも片頭痛を予防する助けとなることでしょう。

 

また、喫煙の習慣も片頭痛の原因として考えられています。

加えて、睡眠時間が短すぎたり長すぎたりすると、片頭痛が起こりやすくなってしまいますから、可能であれば睡眠時間を毎日6時間から8時間程度確保しましょう。

 

同時に、一方で、祝日や週末の休みはベッドで丸一日眠って過ごす、ということも避けるのが賢明です。

あまりにも長い睡眠は生活リズムを崩してしまうだけでなく、食事をきちんと取らないことで栄養バランスの乱れにもつながります。

こうした点に留意することで、片頭痛を引き起こす要因を生活の中から減らしていくことができるに違いありません。

 

片頭痛予防に効果的な「インデラル」

近年では医薬品を活用した片頭痛の予防も広く知られるようになってきています。

特に、片頭痛が毎月何度も起こるようなケースでは、落ち着いたペースで生活をできるよう予防薬の利用を勧められることが少なくありません。

 

効果的なお薬としてよく知られているのは、抗てんかん薬やβ遮断薬でしょう。

β遮断薬として一般的なのはプロプラノロールやインデラルです。

 

特にインデラルは、ヨーロッパで片頭痛の予防薬として広く処方されており、安全性も確認されています。

「何とか片頭痛をコントロールしたい」と考えている人は、ぜひこのお薬をチェックしてみましょう。

インデラルを検討している方は、信頼できる通販サイト「コンディション21」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

インデラルの購入

関連記事

おすすめサイト

ラインデラルの購入はCondition21

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針